Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ゆとりからの提言

ゆとりが何か言ってます。

日本の労働生産性を上げるために、ゆとりが考えていること。

お久しぶりです、ゆとりです。

前回の投稿から随分と期間が空いてしまいました。

 

今回は労働生産性のお話です。

過労死を始め、長時間労働にまつわる問題は日本において日に日に関心を集めつつあるように感じます。では実際には一体何が問題で、何が原因なのか。そして、それを解決するにはどうしたらいいのかを少しばかり考えてみようかと思いました。

私が実際に居住したことのある国はアメリカ、スウェーデンオーストリア、ドイツの4カ国なので、その辺りの国々と比較してみようかと思います。

 

まず、日本生産性本部の調査研究結果である労働生産性の国際比較(2016年版)から見て行きましょう。

国民1人当たりGDPの国際比較は以下の通りです。

f:id:yutori__93:20170418224355p:plain

アメリカは5位で56,077ドル、オーストリア、ドイツ、スウェーデンがそれぞれ7、8、9位で48,091ドル、47,221ドル、46,702ドルであるのに対して日本は18位で37,372ドルでした。主な先進国は軒並み日本より高いこともうかがえます。

次にOECDのデータから各国の年労働時間を見てみましょう。

f:id:yutori__93:20170418225346p:plain

ドイツは最も短く1,371時間、スウェーデンオーストリアがそれぞれ1,612時間と1,625時間、日本は1,719時間でOECD加盟国平均が1,776時間、そしてアメリカが1,790時間です。

これらのデータをまとめると下表の通りとなります。

 

国名 年労働時間(時間) 日本との差(時間) 1人あたりGDP(ドル) 日本との差(ドル) 円換算
ドイツ 1,371 -348 47,221 9,849 1,083,390
スウェーデン 1,612 -107 46,702 9,330 1,026,300
オーストリア 1,625 -94 48,091 10,719 1,179,090
米国 1,776 57 56,077 18,705 2,057,550
日本 1,719 0 37,372 0 0

 

表からわかる通り、ドイツは年労働時間が日本より348時間(1日8時間労働としても40日以上!)も少ないにも関わらず、1人当たり9,849ドル、すなわち約110万円多く稼いでいることになりますスウェーデン、そしてオーストリアも同様に日本より年100時間(12.5日)ほど少ない労働時間で100万円以上多く稼いでいます。対してアメリカは日本より年57時間(7日)多いですが、200万円以上多く稼いでいます。日本の労働効率の悪さがひと目でうかがえると思います。

 

そして、日本生産性本部による労働生産性の国際比較は以下の通りです。

f:id:yutori__93:20170418231407p:plain

 

アメリカは労働時間こそ日本より多いものの、その労働生産性は世界3位なのです。

そしてやはり、日本の労働生産性は先進国中でも最低レベルです。

 

では、日本の労働生産性の低さはどこから来るのでしょうか。

労働時間に着目すると、日本がこれほど長い理由としては残業時間が長いことと、休日出勤が多いことが挙げられると思います。これは日本の企業では残業代が出ること、そして労働の結果ではなく努力した過程を評価するのが一般的だからであると考えられます。労働者は残業代が出るために残業をし、そして企業は労働成果ではなく、労働時間を以て労働者を評価しがちです。すなわち、日本において一般的である終身雇用制度とは、労働者が安定と引き換えに、自らの時間を企業に差し出している構図であるとも言えます。日本において就活とはすなわち、就社なのです。この概念を崩すことが、日本において労働生産性を上げるのに必要なのではないかと考えます。

しかしこれは以前より問題視されていました。高度経済成長期に成立した終身雇用制度が、景気も何も異なる現在において通用しないことに気づいている経営者がいる、恵まれた企業があるのもまた確かです。

 

ではどのようにすればこの構図を崩せるのでしょうか。私がそこで参考にしたいのはドイツやオーストリア、そしてスウェーデンにもある制度を取り入れることです。

具体的には専門職に対し、ジョブディスクリプション形式による有期雇用を前提とした雇用制度、そして給料を定額とする年俸制を取り入れることです。ジョブディスクリプションとは雇用条件や責任範囲などを定めたもので、これによって労働者の権利は保障され、ジョブディスクリプションを超えた労働や転置などを回避することができ、雇用者と対等な関係を結ぶことができます。また、給料を年俸制とすることで労働時間は少ない方が得、という意識が生まれ、無駄な労働時間を削減できます。

しかしこの制度が日本に浸透するのには時間がかかると考えられるため、移行措置として新卒は10年契約、それ以降は5年契約という形で進めていくのが良いのではないかと考えます。この制度によって労働市場は流動的となり、企業は高い労働生産性を有する、すなわち高い成果を出す優秀な労働者を他社に流出させないために待遇を良くする、或いは本人の望むキャリアを提供する必要に迫られます。すなわち、労働者と経営者が対等でウィンウィンの関係を築くことができます。そして雇用期限を設けることで労働者は自身のキャリアを真剣に考え、自らの価値観に基づいて人生設計をしなければならなくなります。その際に自らの幸福について考えることで、本当の幸福感を得ることができ、必然、幸福度も上がると思います。すなわち、人が持つ人権の一つである幸福追求権を行使できるようになるのです。

そして成果主義ともなれば、結果に対する責任は労働者が負わなければなりません。しかし、逆に言えば成果さえ出していれば労働時間は問われません。私がドイツでインターンシップをしていた際、初日に上司から「私は君の就業時間は問わない。結果さえ出していればいつ来ていつ帰っても良い。給料も契約書通りに出す。」と言われました。実際、勤務時間は幾分か融通を利かせてもらいましたが、期待されていた以上の(契約条項以上の)成果を出し続けてられていたので、寧ろありがたいと言われました。

時間というのは万人に共通のものであり、客観性もあるように感じられるので評価軸となりがちです。しかし、そうすることで失われてきたものも多くあると私は感じます。一見評価の難しい労働成果による評価法を取り入れることで、企業にとっても、労働者にとっても利益となり、その結果、国全体としてもプラスにはたらくはずだと私は考えます。

 

長々と、そしてダラダラと意見を述べさせていただきました。たかが一学生の意見ですので、実際に働いている方からすると現実と乖離している、と言われるかもしれません。それでも、一人の学生としてこんなことを考えている、と社会に少しでも訴えかけていければいいなと思います。

ゆとりが大学新入生に伝えたい4つこと。

はじめまして、ゆとりです。初めてのブログエントリーです。今日は大学新入生に伝えたいことがあります。

 

まずは国公立前期試験、お疲れ様でした。受けてない方もいるでしょう。これから中期、後期の勉強をする方もいるでしょう。これを読む受験生、すなわち大学0年生の皆さんに、現在大学4年生(そして春から大学5年生)の先輩が、皆さんにより良い学生生活を送って欲しいと願い、お節介ながらいくつかお伝えしたいことがありますので、お付き合いいただけますと幸いです。

 

1.学んでください

当たり前ですが、大学は学問を修めるところであり、研究をする場です。日本では減少する若年人口と増え続ける定員とでギャップが生じ、大学全入時代と言われています。「こういうことを学びたい、こういうことを研究したい」という志を抱いて大学に入った方もいれば、「ただなんとなく」大学に入った方もいるでしょう。勉強に精を出す学生もいれば、部活やサークル、コンパや飲み会などに精を出す学生もいるでしょう。どれも立派な大学生です。ですが、大学の講義・学問を「面白くないから」という理由で疎かにしないでください。大学の講義を受けて、「なんだこのクソ講義は」と感じることは多々あると思います。一旦そう思ってしまうと、なかなか講義に身が入らず、ましてその学問に関心を抱くことは難しくなります。

なので、考え方を変えて見てください。大学という高等教育の場は、 世界の大学の原点とされるボローニャ大学で1088年にスタートしました。日本では1877年に東京大学が創立したのを皮切りに、全国津々浦々に大学が開校しました。すなわち、高等教育の場である大学の学問は、世界において1000年弱、日本においても150年弱にも及ぶ年月の結晶なのです。 それをたかが20年かそこらしか生きてこなかった稀代の天才というわけでもないあなたの価値観で 「クソだ」と切り捨てないでください。教える人の技量不足もあるでしょう。大学の教員は元来研究者の方が多く、その人たちの本分は研究であって講師ではありません。ですが、あなたの通う学部、学科の学問はすべてあなたがこれから触れていく世界で必要となるものです。というのは大げさかもしれませんが、ともあれ知識を持たずに損することはあっても、知識は得て損をすることはありません。講義を真面目に聞こうと聞くまいと、払う学費は変わらないのですから、どうせなら、得られるだけの知識を身につけてください。あなたが思う以上に、じっくり時間をかけて勉強できる最後の4年間はあっという間に過ぎ去ります 。

 

2.情報収集をしてください

合格発表の後は、一人暮らしをするために部屋探しに奔走する方もいるでしょう。大学から届いたパンフレットを読み、どんなものを買い揃えおうか迷ったりもするでしょう。入学式などのスケジュールを見ながら、友達ができるかなあ、恋人ができるかなあ、と華々しい大学生活に想いを馳せる方もいるでしょう。不安や期待、様々な感情が渦巻くと思います。それは大学に入ってからも同じです。ですので、情報を収集するクセを身につけておいてください

例えば、パソコンですが、レポートを買いたり、ネットサーフィンしたり、理系なら色々なソフトウェアを使ったりする場面も多々あると思います。ですので、大学4年間使い続けられるパソコンを選びましょう。大学推奨のパソコンをそのまま購入するのも手だとは思いますが、個人的には同額払うなら自分で満足できるスペックのパソコンを買うことをお勧めします(というのも、大学推奨だからといってお得というわけでもないことが多々あるからです)。大学推奨のパソコンの値段はおおよそ10〜20万円であるケースが多いと思います。これくらいの価格帯なら、CPUがIntel core-i5、メモリ8GB、SSD256GBあたりのパソコンが購入できたりします。グライフィックが優れたものや、持ち運びが便利な軽量モデルなんかも買えるでしょう。

「これがお勧めだから」というので思考停止せず、実際に自分で情報収集して見てください。これはほんの一例ですが、自分から情報を収集するという姿勢は、大学に入った後も必ず役立ちます。講義でも、あるいは留学や就活でも、気になることがあったらネットでもいいので調べて見てください。情報収集するクセを身につけてください。

 

3.インターンシップについて知ってください

インターンシップというのは、大雑把にいってしまえば就業体験のようなものです。決められた期間(2週間程度であることが多いです)、企業で実際の仕事に従事し、様々な体験をすることができる制度で、採用している企業も増えていく一方です。

インターンシップというと、学部3年生〜修士1年生あたりの学生がいくケースがほとんどです。しかし、個人的には学部2、3年生にこそ行って欲しいと思います(もちろん1年生でも行って欲しいと思います)。

私が初めてインターンシップに行ったのは大学2年生から3年生に上がる間の春休みでした。周りの同期にはインターンシップに興味はあってもまだまだ先でしょという人の方が多かったです。当時は興味のある分野があったので、この分野ってどういう仕事するのだろうと気になって、インターンシップをさせてくれる企業を探しました。ほとんどの企業が「学部3年生以上」と応募条件に記す中で、たまたま「学年不問」としていた企業があり、ダメ元で応募したところ通ってしまい(往往にしてインターンシップも選考があります)、2週間のインターンに行きました。一緒にインターンシップをしていた人たちは全員修士1年生でしたが、もともと態度が大きい方なので、あまり気にせず楽しく過ごしました。

その中で、大学で学んだことが一つ残らず実社会で使われることを実感しました。大学と社会が「つながっている」という感覚を得ました。同時に、作業をしていてもその中身がわからないまま機械的にやることもあり、それを悔しいと感じました。大学に戻ってからは勉学に一層励むようになり、自然と成績も上がって行きました。

私はその後ヨーロッパに交換留学し、留学後にドイツの企業で2ヶ月間、そして帰国した今も春休みを使って国内で1ヶ月半のインターンシップを続けています。行く先々で、社員の方は「私もその時期にインターンシップに行っておきたかった」とよくおっしゃいますインターンシップは自分が何に興味があるのかを知る手助けになりますし、その興味をさらに掘り下げる機会にもなります。興味が持てれば、大学に戻ってなお一層勉学に熱中できるのではないかと思います。

理系だと大学3、4年生ごろから研究室に配属され、卒業に向けた研究が始まります。興味のないことを研究したって楽しくありません。どうせなら熱中できる研究をして欲しいと思います。研究室がブラックだとかホワイトだとかで研究室を決め、研究をするのはもったいないと個人的には思います。大学で学ぶ中で、あるいは社会との関わりの中で、自分が興味を持てるもの、好きになれるものを探して行って欲しいと思います。

ただし、気をつけて欲しいのはちゃんと「学生を大事にしてくれる企業」を探してください。2週間程度だと無報酬が大半ですが、それでも宿泊場所を無償提供してくれたり、旅費や交通費を出してくれたり、食事補助が出たりと、学生が経済的な負担をしない環境を整えてくれる企業を選んでください。そういうところをケチる企業に行く必要は全くないです。あなたの貴重な時間を安売りしないでください


4.留学について知ってください

留学と聞くと、大仰なものと思われることがあるかもしれませんが、実際そんなことはありません。全く大したことはないです。私は大学に入る前から、大学に入ったら留学しようと思っていました。はじめは理由は特にありませんでした。親のお金で1年間海外に行かせてもらえるなら行っとこう、くらいの気持ちでした。しかしそれでは親も納得させられませんし、何しろ大学の学内選考も通りません。ですのでどうして留学したいのかを突き詰めて考え、自分なりに理由付けをしっかりやったつもりです。

留学して、新たな世界を知ることは必然、視野を広げることに繋がるでしょう。グローバル化が進むこのご時世、留学した経験を自身にフィードバックして成長できる人は重宝されるはずです。

しかし、それはさておいても留学に当たってネックなのが、言語力と、費用だと思います。英語をろくに話せないのに留学なんて…、留学ってお金かかるんじゃないの…と思われるかもしれませんが、意外となんとかなるものです。

言語に関してはTOEFLやIELTSが主に判断基準に使われますが、所詮試験です。傾向もあるので対策もできます。勉強すれば点数も取れるので心配は要りません。もともと英語が不得手であったにもかかわらず、これらの試験勉強をするうちに自信をつけて行き、実際に留学した友人は何人もいます。彼ら彼女らはうだうだ言わず、とりあえず勉強するか、と行動できる人たちでした。行きたいと思ったらまず何かしら行動してみましょう。その姿勢が何よりもまず大事です。結果は後からついてくるはずです。

費用に関しては、実際のところ今のご時世、日本にいるよりも海外に出る方がお金がもらえたりします。日本政府も大学も、そして企業も留学する学生を支援しようと様々な奨学金プログラムを用意しています。そして大半が返済不要の、給付型の奨学金です。各大学には国際課や留学課など、留学に詳しい方がいる部署が事務や教務にあるはずです。気軽に聞きに行ってみてください。大学も、留学する意欲のある学生をぞんざいに扱ったりなんてしないはずです。またネットで調べることもできます。留学に少しでも興味が湧いたら、ちょっと調べてみてください。あなたが思っている以上に、留学というものを身近なものと感じることができると思います。

 

 

以上、長々と書き連ねましたが、何はともあれ、皆さんが将来、「いい大学生活だった」と心から思えるような、充実したキャンパスライフを送れることを、一先輩として心から願っています。受験は入学手続きが終わるまでが受験です。あと少し、頑張ってください。画面の向こう側から応援しています。